京生麩のお店 愛麩

Home > 生活 > 京生麩のお店 愛麩

京生麩のお店【愛麩】 平安神宮境内

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

日本の中でも名産品や、名物のご当地グルメが多い京都ですが、季節によっても楽しみ方が変わってきます。寒い季節にご当地で楽しむのにオススメなのは「湯豆腐」や「ニシンそば」です。京都の豆腐は、質の良い地下水や清水に恵まれていることもあって、上品な味わいの絶品揃いです。香川県のうどん屋さんに外れが無いように、京都の豆腐屋さんも外れがありません。有名無名にかかわらず、どのお店の豆腐も丁寧に作られていて、それぞれに個性があります。柔らかい食感に滑らかな舌触り、あっさりしているのにコクがあり、一口食べると身も心も温まります。中には、豆腐を使ったランチやスイーツなどを展開しているお店もあります。「ニシンそば」は、京都を代表する名物そばで、甘く煮付けたニシンと上品なお出しが何とも言えないハーモニーを醸し出し、寒さを忘れて楽しめます。ちょっと小腹が空いた時には、お好み焼きの元祖とも言われる「一銭洋食(壱銭焼き)」などもオススメです。水で溶いた小麦粉に刻みネギなどをのせて焼いて、香り豊かなソースをかけたもので、京都の庶民的なご当地グルメです。大正時代の関西が発祥で、当時はソースをかければ何でも「洋食」と言われ、一銭で食べられたという理由から「一銭洋食」という名前がつきました。素朴な美味しさが観光客にも人気です。 一方、暑い季節に京都に訪れた際は、冷菓の代表「くずきり」はいかがでしょうか。くずきりは吉野本葛粉と水だけで作ります。黒蜜は沖縄の黒糖を原料にしています。コシのあるくずきりが黒蜜に絡み、ほんのりと上品な甘さで喉ごしはつるつると爽快です。観光で歩き疲れた時、日陰で涼みながら食べるのは格別です。原料の葛粉は、風邪に効く漢方の「葛根湯」と同じなので、夏風邪対策にもなります。同じく夏の定番和菓子の「わらび餅」は、とろけるような食感が特徴の和菓子です。京都には、注文を受けてから職人が丁寧に手作りするわらび餅の名店がいくつもあります。 オリジナリティ溢れる独自のわらび餅を提供するお店が沢山ありますので、色々と食べ比べるのも楽しいでしょう。

注目キーワード

日本料理店
日本料理(和食)を提供する料理店のこと。総務省の日本標準産業分類では、日本料理店の定義は「主として特定の日本料理(そば、すしを除く)をその場所で飲食させる事業所」と定められている。
日本料理 龍吟