アテネ・フランセ

Home > スクール > アテネ・フランセ

アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フランス語を短期集中で学べる学校を東京で見つけたので通ってみました。フランス映画や歴史などに興味があり、旅行でもよくフランスに行くので言葉がわかると便利だと思ったからです。フランス語は初心者からベテランまでクラスが分かれているので、自分の実力に合ったクラスが選びやすく、私は初心者向きのコースでしたが、説明が全て日本語でゆっくり丁寧に教えて貰えたのでフランス語を基礎から勉強できて満足しています。創業から100年以上の伝統がある学校で、多くの人が今までこの学校で学んできただけあって、教室方針がしっかりとしていて、学ぶのに最適の環境がありました。学校は常に清潔な状態を保っているので、神経質な女性の人でも通いやすい学校で、初心者でも自分のペースで学習できるのが良かったです。短期集中で学んだので、量より質を重視した学習方法でしたが、大事なポイントを効率よく学べたのでフランス語への理解が深まったのを実感できました。フランス語の本や雑誌、映画などを見ても意味がわかる言葉が増えてきたので、今まで以上にフランスの文学や映画、歴史等が楽しめるようになりました。時間がある時はもっと本格的に学校に通って完全にマスターするまで学習してみたいです。

注目キーワード

フランス語名
フランス語での名称。
フランス語
古代ローマ帝国支配地域で話されていた口語ラテン語(俗ラテン語)が祖語とするロマンス語の一つ. 現存する最古のフランス語文献は842年の『ストラスブールの誓約』である.中世に北フランスで話されていたオイル語......