mormor

Home > サービス > mormor

東京でベビーシッターならモルモル

赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京でベビーシッターサービスを提供しているmormor モルモルのホームページです。気軽でシンプルなベビーシッターサービスが1時間1900円から。リフレッシュ利用も大歓迎、働くママの仕事と子育ての両立を応援しています。

わが家は保育園激戦区に住んでいるため共働き世帯ですが、私が自宅でサロンを経営しているため、在宅勤務ということでポイントが低く認可保育園に入ることができませんでした。家から通いやすい距離の認証、無認可保育園も待機状態のため、思い切って空きが出るまでの間、ベビーシッターで乗り切ろうと色々探していたら、東京都内でも比較的リーズナブルにお願いできるベビーシッターを発見しました。 ベビーシッターというと一時間3000円ぐらいするものかと思っていましたが、継続利用ならば一時間1900円でお願いできるので助かります。在宅勤務といっても子供がいる状態では仕事ができないので、別室でシッターをしてもらえるのは安心感が高いですし、非常に助かります。 費用がリーズナブルなのは、シンプルに業務内容がシッターだけで家事代行は含まれません。お昼ご飯やおやつを挟む時には私が事前に用意したものを食べさせてくれるので逆に安心度は高いですし、私のようにいつも同じ時間に仕事が入るわけではないママにとっては、ピンポイントで必要な時間だけ時給制でシッターをお願いできるのですごく使いやすいです。シッターさんはフレンドリーで優しい人ばかりなので、「今日シッターさん来るよ」と言うと子供も喜んでいます。

注目キーワード

赤ちゃんポスト
事情があって親が育てられない新生児を受け入れる施設。日本では熊本市の慈恵病院が初めて設置し、「こうのとりのゆりかご」と名づけられている。ドイツではベビークラッペと呼ばれ、すでに100以上の施設が導入さ......
赤ちゃん泥棒
Raising Arizona/1987年 asin:B0007WZTRK:detail