きれいライフサービス

Home > 生活 > きれいライフサービス

植木の伐採・剪定 | 不用品回収は清瀬や東久留米の【きれいライフサービス】

植物の関連情報

植物(しょくぶつ、羅: plantae)とは、生物区分のひとつ。日常語としての「植物」と生物学としての「植物」はその示す範囲が異なるが、日常語としては、草や木などのように、根があって場所が固定されて生きているような生物のことで、動物と対比させられた生物区分。 それに対し生物学では科学的知見が増えるにつれ、植物という語が指し示す範囲は歴史的に変遷してきた。2012年現在は陸上植物(コケ植物、シダ植物、種子植物)を含む単系統群として植物を定義するが、どの単系統を選ぶかにより複数の定義が並立している。狭い定義では陸上植物のみを植物として認めるが、より広い定義をでは緑色植物全体を植物としたり、紅色植物、灰色植物をも植物に含めたりする(詳細後述)。 一方、二界説ないし五界説のような古い学説では植物とみなされていた菌類(キノコやカビ)、褐藻(ワカメなど)は系統が異なる為、2012年現在は植物とみなされていない。 以上の理由のため、「植物」を分類群としては認めなかったり、別の名前を採用し「植物」はシノニムとする動きもある。分類群としての名称は植物界となる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

清瀬や東久留米近郊の不用品回収!粗大ゴミ・遺品整理・自転車・エアコンの無料回収を行っております。清瀬から関東近隣であれば回収にお伺い致します。安い・早い・安心が自慢の清瀬市のきれいライフサービスにお任せ下さい!

今は母がたったひとりで住んでいる清瀬市の実家は、優しかった父がたくさん庭木を植えていて、父が亡くなった後は誰も手入れができなくて庭がうっそうとして真っ暗な状態でした。特に冬は日差しが遮られて家の中も寒く暗い家になっていたので、清瀬市で植木伐採をしてくれる業者に頼んで、植木の伐採をしてもらうことにしたんです。 子供の頃よく木登りした木や、私が生まれた時に植えた木など、庭木にはそれぞれとても大切な思い出が詰まっていて、いくら父がいなくなって手入れができなくなったからと言ってすべて切ってしまうのはちょっと忍びないとずっと思っていました。 でも、今はこの家も高齢の母だけが住んでいるので、思い出よりも安全に住めることが何よりも大切だからと、姉とも相談して植木伐採をお願いすることにしたんです。 事情を説明してなるべく植木を小さく手入れをしやすい状態に整えてほしいと頼んだところ、業者さんは手際よく、でも丁寧にたくさんの植木を後々も管理しやすいように整えてくれました。おかげでしょっちゅう伐採をしなくてもまあまあきれいに整った形を維持できるようになり、何よりも思い出の詰まった庭木を切り倒すことなく庭が明るくなって母共々とても喜んでいます。

注目キーワード

植物性
植物体に特有の性質であること。植物から得られるものであること。
観葉植物
一般的に、葉の形、大きさ、色、模様などを見て楽しむ、屋内(室内)で栽培される植物のこと。 また、基本的には室内の直射日光が当たらない場所でも耐える(育つ)─ 耐陰性がある品種をさし、一般的な庭木と区別...