浪貝畳店

Home > 生活 > 浪貝畳店

世田谷区の畳張替えなら浪貝畳店|畳の新調、リフォームなどもご相談下さい

畳の関連情報

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。 畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、田舎間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都世田谷区太子堂で畳張替えなら浪貝畳店まで!!新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。

東京の世田谷区に仕事用のマンションを持っているのですが、和室の畳が古くなったため、畳の張替を考えるようになりました。 世田谷区に子供の頃から住んでいる仕事仲間に相談したところ、良い店を紹介してもらったので、さっそく電話をかけて見積もりに来てもらいました。 畳張替えには、表替え、裏返し、新調という3種類の方法があります。最も多いのが表替えと呼ばれる施工方法です。はじめは、表替えか裏返しにしようと思っていたのですが、サンプルを見せてもらって家人と相談した結果、新調することに決めました。 部屋の大きさを正確に測って、部屋に合う畳を作って敷き込んでくれます。デザインも豊富で、モダンな和室にすることも可能です。 畳の張替えを依頼した店の担当者は畳のプロフェッショナルで、どのような要望にも対応してくれます。和室をゲストルームにすることにしたので、最近流行している縁なし畳にしました。畳を新調するだけで、新築マンションのようになったので驚きました。イ草のアロマテラピー効果なのか、和室にいるだけでリラックスできます。家人がものすごく気に入って、自宅の和室も同じような畳にしたいと言うので、お店の人に頼んで自宅の畳も張り替えてもらうことにしました。

注目キーワード

千畳敷
JR五能線: 大戸瀬駅 - 千畳敷駅 - 北金ヶ沢駅 駅名コード: 2385 数百人の宴会を海浜に催す事が出来るほどのお座敷のようだということから、「千畳敷」と名付けられたという。
四畳半神話大系
-森見登美彦による長篇小説第2作。2004年12月((奥付は2005年1月5日))に出版された。 -2010年、TVアニメ化。フジテレビ「ノイタミナ」枠ほかで放送。 asin:4872339061:detail asin:404387801X:detail