窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

Home > 住宅 > 窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

サイディングの張替えについて|窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

塗替えの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

サイディングの張替えが必要な場合や注意事項、窯業系サイディング材張替えに関する知識をご説明。窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所では窯業系サイディング材の専門家として、無料相談を承っています。

約15年前に、地元の建築会社に新築工事を依頼してマイホームを建てました。外壁材はレンガ調のサイディングを2種類使って、1階と2階で色を分けて張ってあります。 10年くらいまでは問題無かったのですが、ある時、給湯ボイラーの調子が悪く、家の裏に足を運んだところ、浴室の窓下のサイディングが膨れ上がっているのを発見しました。時々少し窓を開けて風呂に入るのですが、どうやら湿気が溜まり水滴となって、ちょうどその部分に滴り落ちて、常に水分にさらされているような感じだったため、他の部分より早く防水機能が失われてしまったようです。自分で防水塗料を塗って騙し騙し使っていましたが、ボロボロになってしまったため、サイディングの張替えを依頼することにしました。 新築を依頼した建築会社は倒産してなくなってしまったため、別な工務店に依頼しました。その工務店は親切で、出来る限り既存のサイディングの柄に似たものを探し出してくれたため、あまり違和感なく仕上がりました。 張替え工事は、2日で終わり、料金も約80,000円程度で収まったので、思ったより安く済みました。ひと通りすべてのサイディイングを見てもらい、同じ状態になりそうな部分が多いとの事で、来年には他のサイディングを張替えてもらおうと思っています。